毎日が記念日~風景印収集帖~

記念日とそれに関連した風景印等を紹介していきます!

毎日が記念日~風景印収集帖~

毎日が記念日~風景印収集帖~

 

 

ご挨拶

はじめまして、ブログ主のトミーです。

まずは当ブログをご覧くださり、ありがとうございます!

 このブログでは、私の趣味である「風景印」を紹介していきます。

 風景印って何だろう?という方も多いかと思いますので、当ブログのコンセプトも含め、これからお話していきます。 

風景印とは?

皆さん、風景印はご存知でしょうか?

風景印とは、郵便局で使われている消印の一種で、正式名称を「風景入通信日付印(ふうけいいりつうしんにっぷいん)」といいます。 

全国津々浦々、ありとあらゆる郵便局に風景印はあり、『風景印大百科1931-2017 東日本編』によると平成29年1月現在でなんとおよそ1万1200もの郵便局に設置されているといいます。

 

では、実際の風景印とはどんなものなのでしょう?  

言葉で説明すると、風景印は直径36ミリの円形、とび色の印色を基本とした消印です。基本的には円形のものが多いですが、中には「変形印」という特殊な形をした印もあります。

とはいえ、実際のものを見てみないと何ともイメージがわきにくいですよね(汗)。

というわけで、風景印を見ていただきましょう!

こちらになります。

f:id:LetterStamp1130:20191130161514j:plain

小松本江郵便局 風景印

写真は石川県にある小松本江郵便局(こまつほんごうゆうびんきょく)の風景印です。描かれているのは加賀三湖の一つである木場潟から望む白山と、小松市の名産品であるタケノコになっています。

 

また、変形印としては、このようなものがあります。 

f:id:LetterStamp1130:20191130154203j:plain

小樽堺町郵便局 風景印

 こちら北海道にある小樽堺町郵便局(おたるさかいまちゆうびんきょく)の風景印です。家のように見えるのが「北一硝子三号館」です。また、手前の球が小樽の伝統ガラス製品「浮き球」、また「オタルナイ運上屋」の跡、メルヘン交差点の「常夜灯」が描かれています。

 

風景印はその名の通り、その土地ならではの「風景」のほかにも、名産品やイベントの様子、その土地にゆかりのあるキャラクター等が描かれています。風景印を見ることで、その場所の歴史や文化、有名なもの等も知ることができるのです。

私はそうした風景印に心惹かれ、少しずつ集めるようになりました。

 

当ブログのコンセプト 

そんな風景印を収集する中で、私はあるとき、風景印の日付に何か意味を持たせたいと思いました。

どうしてその発想に思い至ったのか。それをご紹介します。

きっかけは2つありました。

 

最初のきっかけとなったのが、特殊切手「天皇陛下御即位記念」の記念押印です。

令和元年10月18日に発行となった特殊切手。とても綺麗な切手で、しかもその切手に特別な消印を押してもらえるということを知りました。私は必要事項を確認し、すかさず押印を依頼しました。

この印はいわゆる「特印」といわれるもので、正式名称を「特殊通信日付印」といいます。基本的にはその切手の発行日を含めて7日間しか押印できない特別な消印です。大きさは風景印と同じ36ミリで、限られた郵便局でしか押印していません。

 

もう一つのきっかけは、天皇陛下御即位記念パレード小型印の記念押印です。

小型印とは、正式名称を「小型記念通信日付印」といいます。何かイベントがあったときや記念日があったときに、ある一定の期間だけ押印可能な消印であり、大きさが風景印や特印等と違って小さいため、そう呼ばれています。

こちらは当初パレードが予定されていた令和元年10月22日のみの押印を予定しており、令和元年10月18日当日消印有効でした。

これまで風景印しか知らなかった私は、そうした「その日だけにしか押印できない印がある」ことに感銘を受けました。

そして、気づいたのです。今まで押印してもらってきた風景印も、あくまで押印したときにそこへ記されているのは、「その日」しかないのだということに。

 

私はそこから、風景印に何か「その日」だからこその意味を持たせられないか、考えました。

そこで思い至ったのが、そう、このブログのタイトルにもある、「記念日」です。

 

たとえば、『すぐに役立つ 366日記念日事典[第3版]』によれば、今日11月30日は「本みりんの日」「絵本の日」なのだそうです。

もしそうした日々の記念日と、その日付にマッチした風景印を集めることができたら、こんなに面白いことはないと考えました。

思い返せば、「令和」となった今だからこそ、「令和元年」という今だったからこそ、新しく自身の趣味として始める後押しになったのかもしれません。

 

そこで実際にスタートしたのが、令和元年10月17日。

この日は「上水道の日」でした。

 

考えてもみれば、必ず毎日何かしらの出来事が起きています。 

 

毎日が、誰かにとっての記念日なのです

 

そこで、このブログでは「記念日」とそれにちなんだ「風景印」を紹介していきたいと思います

 

とはいえ、郵便局の多くは土日祝日はお休みです。そのため、366日すべてを集めるのにどのくらいかかるか分かりません…。

ですが、366日すべてを集めるその日まで、少しずつ続けていきたいと思います!

なるべく毎日更新するようにしたいと考えていますので、よろしければご覧ください!

 

もし「こうしたほうがいいよ」「こういった組み合わせはどうだろう?」といったことがあれば、ぜひコメントください!

これからどうぞ、よろしくお願いします!

 

参考文献・URL

  • (株)日本郵趣出版(2017)『風景印大百科1931-2017 東日本編』p.3
  • 加瀬清志(著)日本記念日協会(編)(2019)『すぐに役立つ 366日記念日事典[第3版]』 創元社 p.311
  • 日本郵便HP「小松本江郵便局の風景印」(最終閲覧日:令和元年11月30日)
  • 日本郵便HP「小樽堺町郵便局の風景印」(最終閲覧日:令和元年11月30日)  
  • 日本郵便HP「特殊切手 天皇陛下御即位記念」(最終閲覧日:令和元年12月5日)
  • 日本郵便HP「小型印」(最終閲覧日:令和元年12月5日)

1月8日

1月8日

 

この日は何の日?

平成最初の日

f:id:LetterStamp1130:20200126105234j:plain

熊本平成郵便局  風景印
郵便局名

熊本平成郵便局 (くまもとへいせいゆうびんきょく)

郵便局住所

〒860-0834
熊本県熊本市南区江越1-9-15

図案説明

熊本城、局面道路・平成さくら通り、サクラ

 

(株)日本郵趣出版(2017)『風景印大百科1931-2017 西日本編』p.349より引用

解説

平成元年(1989年)1月8日。この日が平成最初の日となります。

この「平成」は、『史記』の「内平かに外成る」、『書経』の「地平かに天成る」に由来しており、「内外、天地とも平和が達成される」との意味が込められています。

そしてこの「平成」最後の日となったのは、昨年平成31年(2019年)4月30日でした。

 

引用文献

  •  (株)日本郵趣出版(2017)『風景印大百科1931-2017 西日本編』p.349

 

参考文献

  • 明治神宮HP「Q&A 「明治」の由来は何ですか?」(最終閲覧日:令和2年1月26日)

 

よろしければこちらもご覧ください!

1月7日

1月7日

 

この日は何の日?

千円札の日

f:id:LetterStamp1130:20200126103128j:plain

野口英世の里郵便局 風景印

郵便局名

野口英世の里郵便局 (のぐちひでよのさとゆうびんきょく)

郵便局住所

〒969-3284
福島県耶麻郡猪苗代町三ツ和沢目327-3

図案説明

磐梯山、猪笛代湖、野口英世博士銅像、ハクチョウ

 

(株)日本郵趣出版(2017)『風景印大百科1931-2017 東日本編』p.149より引用

解説

日常生活でよく用いられる千円札。

記番号としてアルファベット1桁ないしは2桁+数字6桁+アルファベット1桁を用いる形式は、聖徳太子が描かれた千円札から現在に至るまで採用されています。

この聖徳太子が描かれた千円札が発行されたのが、昭和25年(1950年)1月7日です。

そのことから、この日は千円札の日とも呼ばれています。

2024年度には新しい千円札紙幣が発行される予定です。

 

引用文献

  •  (株)日本郵趣出版(2017)『風景印大百科1931-2017 東日本編』p.149

 

参考文献

 

よろしければこちらもご覧ください!

1月6日

1月6日

 

この日は何の日?

佐久鯉誕生の日

f:id:LetterStamp1130:20200126101732j:plain

野沢郵便局 風景印

郵便局名

野沢郵便局 (のざわゆうびんきょく) 

郵便局住所

〒385-0053

長野県佐久市野沢58-3

図案説明

内山峡、荒船山、佐久鯉

 

(株)日本郵趣出版(2017)『風景印大百科1931-2017 東日本編』p.305より引用

解説

佐久市の名産品である、佐久鯉。

延享3年(1746年)のこの日、篠澤佐吾衛門包道が佐久鯉料理を伊勢神宮へ献上しました。これが佐久鯉に関する最古の記録とされています。

そのことに由来し、1月6日は佐久鯉誕生の日と言われています。

 

引用文献

  •  (株)日本郵趣出版(2017)『風景印大百科1931-2017 東日本編』p.305

 

参考文献

 

よろしければこちらもご覧ください!

1月3日

1月3日

 

この日は何の日?

荷田春満の誕生日

f:id:LetterStamp1130:20200125105622j:plain

神田郵便局 風景印

郵便局名

神田郵便局 (かんだゆうびんきょく) 

郵便局住所

〒101-8799
東京都千代田区神田淡路町2-12

図案説明

聖橋、重文・ニコライ堂大聖堂

 

(株)日本郵趣出版(2017)『風景印大百科1931-2017 東日本編』p.221より引用

解説

国学の四大人(しうし)」の一人である荷田春満

彼は寛文9年(1669年)のこの日に生を受けました。

荷田春満は『万葉集』や『古事記』といった国学研究の基礎を作り上げた人物であり、彼の弟子である賀茂真淵は『万葉集』の研究者として有名です。

図案のニコライ堂大聖堂の近くにある神田明神には、「国学発祥の地」と書かれた石碑が残されています。昔の図案には、神田明神も描かれていたようです。

 

引用文献

  •  (株)日本郵趣出版(2017)『風景印大百科1931-2017 東日本編』p.221

 

よろしければこちらもご覧ください!

1月2日

1月2日

 

この日は何の日?

初夢

f:id:LetterStamp1130:20200116200232j:plain

清水郵便局 風景印

郵便局名

清水郵便局 (しみずゆうびんきょく) 

郵便局住所

〒424-8799
静岡県静岡市清水区辻1-9-27

図案説明

清水港、ミカン、茶の花、富士山

 

(株)日本郵趣出版(2017)『風景印大百科1931-2017 西日本編』p.64より引用

解説

一富士二鷹三茄子」で有名な「初夢」。この日に見た夢で、その年の吉凶を占います。よく言われるのが、七福神の描かれた宝船の絵札を枕の下に敷いて眠るというものです。そうすることで、縁起の良い夢が見られるといわれています。

ちなみに先ほどの「一富士二鷹三茄子」は、「四扇五煙草六座頭」と続きます。

 

引用文献

  •  (株)日本郵趣出版(2017)『風景印大百科1931-2017 西日本編』p.64

 

よろしければこちらもご覧ください!

1月1日

1月1日

 

この日は何の日?

神戸港開港記念日

f:id:LetterStamp1130:20200113214619j:plain

神戸中央郵便局 風景印

郵便局名

神戸中央郵便局 (こうべちゅうおうゆうびんきょく) 

郵便局住所

〒650-8799
兵庫県神戸市中央区栄町通6-2-1

図案説明

神戸港からの元町風景、異人館、船、神戸ポートタワー、錨山

 

(株)日本郵趣出版(2017)『風景印大百科1931-2017 西日本編』p.184より引用

解説

慶応3年(1868年)のこの日、神戸港が開港しました。

なお、和暦でいうとこの日は12月7日であるため、この日も「開港記念日」とされています。

平成29年(2017年)には神戸開港150年を迎え、様々なイベントが行われました。

 

引用文献

  •  (株)日本郵趣出版(2017)『風景印大百科1931-2017 西日本編』p.184

 

参考文献

  • 神戸市HP「神戸港の歴史」(最終閲覧日:令和2年1月13日)

 

よろしければこちらもご覧ください!

12月31日

12月31日

 

この日は何の日?

晦日

f:id:LetterStamp1130:20200113212739j:plain

東山郵便局 風景印

郵便局名

東山郵便局 (ひがしやまゆうびんきょく) 

郵便局住所

〒605-8799
京都府京都市東山区大和大路通五条下る石垣町西側42

図案説明

国宝・清水寺舞台

 

(株)日本郵趣出版(2017)『風景印大百科1931-2017 西日本編』p.152より引用

解説

12月31日。大晦日のこの日の夜は、清水寺で鐘を撞くことができます。

いわゆる「除夜の鐘」です。

※大晦日以前に整理券が配布されるため、希望される場合には注意が必要です。

 

除夜の鐘は108回撞きます。この回数は仏教でいう人間の煩悩、罪業の数と言われています。一回一回ごとにそれらを一つずつ消し去ることを願いながら撞くのです。

 

引用文献

  •  (株)日本郵趣出版(2017)『風景印大百科1931-2017 西日本編』p.152

 

参考文献

  • 竹中敬明(2010)『伝えていきたい日本の伝統文化 四季の年中行事と習わし』 近代消防社 pp.183-185

 

よろしければこちらもご覧ください!